借金は計画的にすべき

以前借金に関連する仕事をしていたことがあり、借金の返済に困ってしまった状態の人を多くみてきました。

借金をした理由は、自分や家族が病気で収入が減少したり、子供の教育費だったり、住宅ローンだったり、遊興費だったり、人それぞれです。

しかし、そういった人の話を聞いていていつも思っていたことは、借金をすることは特に問題でもないし、事情があれば必要なことだけれども、借金をするのであれば自分の収支を把握して返済可能であるかどうかを判断し続けなくてはいけないということです。

借金に困ろうと思って借金を始めたわけではないのに、いつの間にか借金が増えてしまっていた、という言葉をよく聞きました。そのたびに、いつの間にか借金が増えたというより、きちんと把握していないから借金を増やしてしまったんでしょ、と心の中でツッコんでいました。

自分の毎月の収支の状況から借入と返済を計画的に行なえば、借金が勝手に増えることもないし、返済ができなくなるまで借入をすることもありません。もちろん不可抗力で借金が増える可能性もありますが、それでも自分では返済不可能だと予測できれば公的援助など考えることもできます。

でも、自分の収支と借入返済のバランスを考えないと、いつの間にか毎月の収支において返済の占める支出割合が大きくなってしまい、毎月の生活が借入がないと成り立たない状態に陥ってしまうことも少なくありません。

借金をすることは全く問題ありません。昔であれば借金をするというと後ろめたいイメージがありましたが、近年は大手の消費者金融もクリーンなイメージがあり、実際に金利も法定利率で貸付をしており、即日でお金を借りることが特別ではなくなっています。

でも、借金をするのであれば、自分の収入で借りたお金を返済しなくてはいけないことを完済するまで忘れず、きちんと計画をすべきだと思います。

マイホーム購入するなら絶対一戸建て!

マイホームを購入しようと思い始め、マンションにするか一戸建てにするかとても悩みました。新婚当時住んでいた場所は、都心へのアクセスも良く便利なところでしたが、地価が高く一戸建ては予算的に無理だと諦めました。マンションを購入しようかと思っていたのですが、マンションは購入してからもローンの他に修繕積立金や管理費などの出費が多くかかることを知りました。もちろん、一戸建てでも修繕費やリフォーム代などはかかってきますが、都会のマンションでは管理費などのほうが高くなることもあるため、住んでいる場所でのマンション購入はやめることにしました。

悩んだ結果、少し通勤には不便にはなりますが、田舎で一戸建てを建てることにしました。やはり、どうせ大きな買い物をするなら、自分たちの理想の間取りやライフスタイルに合った土地を選びたかったからです。なんとか予算内で注文住宅を建てました。

今は自分たちの庭を持ち、私はガーデニング、夫は家庭菜園を楽しんでいます。庭のデザインも自分たちで考え、花壇などは自作しました。世界にひとつだけの自分たちの庭はとても愛着が沸き、見るたびに嬉しくなります。また、間取りも自分たちの希望を取り入れてもらい、夫婦の空間、個人の空間を作りました。趣味の部屋を持ち、ゆっくり自分の時間が持てることでストレスも溜め込まずに済みます。

一戸建ては、自分たちに合わせたカスタマイズが色々とできるのが良いところだと思います。マンションも暮らしやすいので良いと思いますが、不便な中で工夫をしながら家族の時間を共有していける一戸建ての方が、私は良いと思っています。どんなことも思い出に変わる、それが一戸建ての良さです。